スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不快な人間関係はがんやうつ病、心疾患と関連がある。

 Toxic relationships are linked to cancer, depression and heart
disease(ラエルサイエンス英語版1月30日配信分)
Source:
http://www.dailymail.co.uk/femail/article-2092748/Toxic-relationships-linked-cancer-depression-heart-disease.html#ixzz1kqgYEKk8

友達があなたを病気にしている可能性がある?とても不快な人間関係はがんやうつ病、心疾患と関連がある。

結局、友達とは親しくして、敵とはあまり親しくしすぎないことが賢明なようです。人間関係は、偏りのない食事、たくさんの休憩と同じくらい良好な健康に重要かもしれないと新しい研究は示唆しています。

UCLA医学校の科学者らは、害のある社交的触れあいは炎症の増加につながることを発見しました。その炎症は結果、がんや心疾患、高血圧など多数の病気を生じさせる可能性があります。

害のある人間関係によって生じるストレスは、炎症性疾患につながると科学者らは述べています。

今週、the National Academy of Sciences ジャーナルの会報に発表された研究は、快活で前向きでいること、そして競争的でとても不快な人間関係を呈さない人々に囲まれていることは病気になるのを避ける一つの方法かもしれない、という事例証拠に信頼できる根拠を与えました。

健康で若い人々の122人の集団を用いて、カリフォルニアの科学者らはストレスを呼ぶ出来事を観察し、炎症を起こす2つのタンパク質の体内での産生とそれらの出来事を比較しました。

日記という古くからある感情をとらえる方法を信頼して、科学者らは集団内に競争や不和があった時を記録し、その時と頬の内側をこすった綿棒標本の中で見つかった化学物質を比較しました。

そういったネガティブな日々を過ごした人々の綿棒標本には、高血圧や心疾患、がん、うつ病の原因になるタンパク質がより高い割合で含まれていました。

参加者らはストレスを起こす数字クイズをやらされ、次に皆の前でスピーチするよう言われた後、前炎症性タンパク質は同様に最大値を示しました。

スポンサーサイト

Pagination

Utility

UFO・宇宙人関連書籍

「地球人は科学的に創造された」 2chikyuzin_cover_test.jpg
無限堂HP

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。