スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際ラエリアン・ムーブメントからのプレスリリース 2012年8月29日(水)


 国際ラエリアン・ムーブメントからのプレスリリース
                  2012年8月29日(水)

国際的組織であるゴートップレスは、8月26日に世界の30都市で抗議運動を行います


8月25日ラスベガス
 ゴートップレスは本日、8月26日の抗議運動は世界の30都市で行われると発表しました。昨年に比べると著しい進歩です。

 ゴートップレスが、女性が公共の場で上半身裸になる権利を要求し始めて5年が経ちますが、胸をあらわにする女性への差別は世界中で続いています。

「トロントでは、昨年禁じられていた抗議運動が今年公式に歓迎されるという勝利を私たちは最近手にしましたが、男性が上半身裸でいられる場所では、女性も同様に胸をあらわにできるという、憲法で保障された権利が認められるまでにはまだまだ多くの問題があります」とゴートップレス代表ナディン・ギャリは言います。「性の平等が法律で保証されていても、上半身裸でいる事で逮捕される女性がいまだにいます。アメリカ合衆国、イスラエル、フランス、イギリス、オーストラリアはすべて、性の平等を保証しているはずです。でも、ゴートップレスの女性たちは、男性のように自由に上半身裸でいることはできないし、もしそうしたら、罰金を科せられるか刑務所に入れられるとはっきりと伝えられました」

 この矛盾を「あからさまな二重基準」であるとして、ギャリは例を挙げます。

「テルアビブの当局は今週、ゴートップレスのリーダーであるシャロン・アジザに、イスラエルの法律は上半身裸の権利について明言していないが、女性の抗議者はビキニのトップで完全に胸を隠すか、さもなければ逮捕されると伝えました」とギャリは言います。「では、男性はどうなのでしょう。イスラエルは1951年に性の平等の権利の法律を通過させています!」

 ロサンゼルス、シカゴ、マイアミ、ロンドン、パリ、プエブラ、メキシコ、カルタヘナ、コロンビア、その他の場所の女性のデモ参加者たちは、8月26日のイベントで、上半身に衣類を身に付けなければ逮捕されると、ギャリは言います。

「ノースカロライナ州、アシュビルの市長のような女性の役人でも、上半身裸でいるという性の平等に反対する男性たちを支持しているのはひどい話です!」とギャリは言います。「彼女たちは、性の平等のおかげで今の地位にいるのです。
どうして彼女たちはその苦労してやっと手にした権利を他の女性のためには認めないということができるのでしょうか」

 多くの人は、公共の場で女性が胸をあらわにすることを、「不名誉」または「女性の体を辱めること」だと言う、とギャリは言います。

「ゆがんだ物の見方をする人だけが、女性の胸をあらわにすることが男性の胸をあらわにすることよりも屈辱的なことだと考えます」とギャリは言います。
「女性の胸は男性の胸同様に美しい物であり、男性同様サイズもいろいろです。
8月26日に街で観察される唯一の不名誉は、男性支配という不名誉です!」

 ゴートップレスは、世界中で上半身裸でいる平等の権利を断固として獲得するつもりです。
「性の平等は基本的人権の一つです!」とギャリは言います。

☆――――――――――――――――――――――――――――――――――☆
プレスリリースへのご意見・ご質問及び日本ラエリアン・ムーブメントのセミナー・講演会等のイベント情報、またインタビューについては、以下の広報担当までお問い合わせください。
-------------------------------------------------------------------
ラエリアン・ムーブメント rael.org 及び press.rael.org についてラエリアン・ムーブメントは世界最大の無神論を唱える非営利団体であり、地球上の生命が、聖書原典においてエロヒムとして知られる宇宙人の文明により、
DNAの合成を経て、如何にして創造されたのかを述べています。会員数は世界104カ国、80,000人にのぼり、この宇宙人が弥勒菩薩・ラエルにもたらしたメッセージを広めるべく活発に運動を展開しています。それは、彼ら宇宙人エロヒムを公式に迎えるための大使館の建設、及び平和と非暴力の価値観を広めるという目標を持っています。
ラエリアン・ムーブメントは、非順応主義、楽園主義、生命の絶対的尊重の哲学を通じて、世界に波紋を投げかけています。

インタビューまたは更に詳しい情報をご希望の場合は下記の連絡先までお問い合わせください
非営利市民団体 日本ラエリアン・ムーブメント http://www.rael.org
広報担当 斉藤 周二 www.press.rael.org
TEL : 0479-74-8006 FAX : 0479-74-8007
e-mail : jrm_press@yahoo.co.jp
スポンサーサイト

国際ラエリアン・ムーブメントからのプレスリリース 2012年8月21日(火)

国際ラエリアン・ムーブメントからのプレスリリース
2012年8月21日(火) 


中国のピラミッドが、1万年以上前に地球に進んだ文明が存在したことを裏付ける

8月14日ラスベガス 
中国に古代の巨大ピラミッドがあるという報告やうわさが度々伝えられてきたにもかかわらず、考古学者や役人たちはそれらの存在を認めることを長い間拒否してきました。それらピラミッドの存在は、中国の学校でも言及されることはなく、国家機密とみなされています。

「中国の100個の白いピラミッドは実際、禁断の場所となっています」とその地域の近くに住む匿名の情報筋がラエリアンのガイドに伝えました。
国際ラエリアン・ムーブメントが今朝発表した声明では、その構造物は一般人には知らされておらず、立ち入ることを禁じられている可能性があると確認されています。

「考古学者や科学者でさえ、その近くに行くことを禁じられています。
そもそもそれらのピラミッドは国家機密とみなされているのですから」とその情報筋は説明します。

しかし、中国のピラミッドの重要性を否定し続けるのはそろそろ限界に来ています。

「その場所に接近したことのある少数の考古学者によると、これらの中国のピラミッドは、エジプトのピラミッドと同じ緯度に位置しているということです」と彼女は言います。「ウィグルの、高さ500メートルあるピラミッドの壁のいくつかは、トルコ祖語で書かれた言葉で覆われています。
これらが意味することは、これらの構造物が何人かの人々が推測するような単なる古代の王たちの墓ではなく、エジプトや中央アメリカにある世界的に有名なピラミッドと起源を同じくする、はるかに古い構造物であるということです」

ラエリアン哲学は、地球上の人間とその他の生命は全て、エロヒムとして知られる他の惑星から来た高度に進んだ科学者たちによって創造されたと教えています。

「彼らは進んだ遺伝子工学技術を用いて、彼らの姿に似せて私たちを創造しました。彼らはまた、私たちの初期の祖先たちに自分たちの知識をいくつか与えることによって彼らを助けました」とラエリアン・ムーブメントの広報担当ブリジット・ボワセリエは言います。

「驚異的ピラミッドが発見されているのは、エジプトと南アメリカだけに限りません」とボワセリエはさらに言います。「現在、中国、カンボジア、日本の海底など、アジアの様々な場所にもそれらの存在の形跡が発見されています。実際、このような特別な石碑の幅広いネットワークが存在し、それらは全て、天文学や工学技術の進んだ知識を示しています。それらが紀元前1万年前にまでさかのぼると考える考古学者たちもおり、それはつまり、古代に非常に進んだ文明が存在していたことを示しています。

その文明は、主流の歴史学者たちにはいまだに認められてはいませんが、私たちラエリアンの経典にはそのことが非常に上手く説明されています!」

 政治や大学の権力者たちは、主流となっている解釈を否定するこのような構造物を隠したり、否定したり、理屈を付けて遠ざけようとしている、とボワセリエは言います。

「それらの存在が意味することを考えれば、それは無理もないことです」とボワセリエは言います。

「これらピラミッドの存在、驚くべき高度な知識、その古さを認めることは、人類の歴史を塗り替えることを意味します。さらに重要なのは、それによって全ての宗教書が書き換えられる必要が出てくるだろうということです。更なる研究のために中国を開放することによって、ラエリアン・ムーブメントの精神的指導者ラエルが予言していたように、全ての一神教の宗教の終わりが助長されることとなるでしょう。私たちにとって、それ以上うれしいことはありません!」


プレスリリースへのご意見・ご質問及び日本ラエリアンムーブメントの瞑想セミナー情報、またインタビューについては、以下の広報担当までお問い合わせください。

-------------------------------------------------

ラエリアン・ムーブメント rael.org 及び press.rael.org について
ラエリアン・ムーブメントは世界最大の無神論を唱える非営利団体であり、地球上の生命が、聖書原典においてエロヒムとして知られる異星人の文明により、DNAの合成を経て、如何にして創造されたのかを述べています。
会員数は世界104カ国、70,000人にのぼり、この異星人がマイトレーヤ・ラエルにもたらしたメッセージを広めるべく活発に運動を展開しています。それは、彼ら異星人エロヒムを公式に迎えるための大使館の建設、及び平和と非暴力の価値観を広めるという目標を持っています。
ラエリアン・ムーブメントは、その非順応主義と政治的には正しくないその哲学を通じて、世界に波紋を投げかけています。

インタビューまたは更に詳しい情報をご希望の場合は次の連絡先までお問い合わせください

非営利市民団体 日本ラエリアン・ムーブメント http://www.rael.org
広報担当 斉藤周二  www.press.rael.org
TEL : 0479-74-8006 FAX : 0479-74-8007
e-mail : jrm_press@yahoo.co.jp

国際ラエリアン・ムーブメントからのプレスリリース 2012年8月17日(金)

ラエルは、ミコ・ペレドに「人類の名誉ガイド」の称号を与えます。


8月12日ラスベガス
 国際ラエリアン・ムーブメント(IRM)が今朝発表した声明によりますと、IRMの精神的指導者ラエルは、「お互いを隔てている壁をぶち壊し、イスラエルのアパルトヘイトシステムを世俗的民主主義に変え、イスラエル人とパレスチナ人が同等の市民として暮らすという目標のために人生を捧げているミコ・ペレドに『人類の名誉ガイド』の称号を与えました」

「ペレドは彼のこのような考えを著書『将軍の息子 ‘The General’s Son'』の中で伝えています」とIRMの広報担当ブリジット・ボワセリエは言います。

 ペレドはエルサレムのユダヤ主義者の家庭に生まれ、ペレドの父親はイスラエルの将軍であり、後に平和活動家になった人です。

「彼は今、父親の遺産を受け継ぎ、パレスチナとイスラエルとの単一国家の創設を提言しています。そこは、イスラエルがこの地域全体とその資源をユダヤ人が支配するという考えを断念する場合にだけ可能な聖域です」とボワセリエは言います。ペレドの声明は、「イスラエルのアパルトヘイト」を終わりにしようとラエルが繰り返し呼びかけていたことと、「ユダヤ人のガンジー」が現れて欲しいというラエルの望みに同調するものです、とボワセリエはさらに言います。

 2009年の宣言の中でラエルは次のように言いました。「イスラエル国家は消え去り、ユダヤ人とパレスチナ人が調和の中で生きるパレスチナ国家に取って代わられる必要があります。そこでは二つの民族が、互いを許しあう努力を徹底して行いながら、離散したユダヤ人、パレスチナ人両者の帰還する権利を互いに認めることになるでしょう。それは、全ての人類が考えうる愛と友愛の最も美しい見本となることでしょう」

「アブラハムの子孫であるイスラエルとパレスチナの兄弟たちの間の大虐殺は終わりにする必要があります」とラエルは強調します。「ホロコーストの子孫たちは、どうして他の人間を強制収容所でしかない刑務所の町に閉じ込めておく事ができるのでしょうか」

 ラエルは、パレスチナ人は全ての人権を否定されていると考えます。

「パレスチナ人は、ユダヤ人がナチスによって扱われていたような、また、黒人が(南アフリカで)アパルトヘイトの時代に扱われていたような扱いを現在受けています」とラエルは言います。

 エルサレムとイスラエル・パレスチナの地域は、ラエリアンにとって非常に重要であるとボワセリエは言います。

「ラエルは、地球上の生命を創造し、私たちの先祖たちによって神と誤解された、進んだ科学者たちであるエロヒムから、彼らが最初の実験室を持ったエルサレムの近くに大使館を建てるように求められています」このことは聖書の中でエロヒムがはっきりと言及されています、とボワセリエは言います。
「でも、誰がこんな暴力的で人種差別的な国に歓迎されたいと思うでしょうか」

 その地域の破壊と暴力を終わりにしようとする、名誉ガイド、ミコ・ペレドの努力は称賛すべきことです、とボワセリエは言います。

「彼は、ラエリアン・ムーブメントの7万人以上のメンバーの全面的支援を約束されています」とボワセリエは言います。


☆――――――――――――――――――――――――――☆
プレスリリースへのご意見・ご質問及び日本ラエリアン・ムーブメントのセミナー・講演会等のイベント情報、またインタビューについては、以下の広報担当までお問い合わせください。
--------------------------------------------------------
ラエリアン・ムーブメント rael.org 及び press.rael.org についてラエリアン・ムーブメントは世界最大の無神論を唱える非営利団体であり、地球上の生命が、聖書原典においてエロヒムとして知られる宇宙人の文明により、
DNAの合成を経て、如何にして創造されたのかを述べています。会員数は世界104カ国、80,000人にのぼり、この宇宙人が弥勒菩薩・ラエルにもたらしたメッセージを広めるべく活発に運動を展開しています。
それは、彼ら宇宙人エロヒムを公式に迎えるための大使館の建設、及び平和と非暴力の価値観を広める
という目標を持っています。
ラエリアン・ムーブメントは、非順応主義、楽園主義、生命の絶対的尊重の哲学を通じて、世界に波紋を投げかけています。

      インタビューまたは更に詳しい情報をご希望の場合は下記の連絡先までお問い合わせください
非営利市民団体 日本ラエリアン・ムーブメント http://www.rael.org
広報担当 斉藤 周二 www.press.rael.org
TEL : 0479-74-8006 FAX : 0479-74-8007
e-mail : jrm_press@yahoo.co.jp

国際ラエリアンムーブメントからのプレスリリース 2012年8月14日(火)


『ラエルは、サルマン・カーンに人類の名誉ガイドの称号を与えます』

8月11日ラスベガス
 国際ラエリアン・ムーブメントの精神的指導者ラエルは、カーン・アカデミーを設立したサルマン・カーンに「人類の名誉ガイド」の称号を授け、その栄誉を称えました。

「この称号はたった50人ほどにしか与えられていません。
それぞれが、より高い愛と意識のレベルへ人類を導く活動をしてきた人たちです」と、ラエリアン・ムーブメントの広報担当ブリジット・ボワセリエ博士は説明します。

カーン・アカデミーを設立して、教育制度に革命をもたらし、全ての人に知識を提供したサルマン・カーンのように、利益よりも主義に重きを置く事で人類をより良くする道を開く、これはまさにラエリアンのガイドが行うことです」

「最近のMITの学生たちへの演説で、サルマン・カーンは彼の人生の指針となっている主義についていくつか話しました」とボワセリエは言います。
「彼の主義はラエリアン哲学と完全に一致しています。

彼は、『妄想的にポジティブ』であること、彼の存在全てについて微笑むこと、エゴを捨てて調和を保つこと、人生のリズムを楽しむこと、ストレスのある時は、宇宙の無限と他の星を見ている他の惑星の生物について考えること、そして最後に、共感を通して作り上げることを信じています。

これらは典型的なラエリアンの考え方であり、それらが他の人たちの中にもあるのを見るのは常にうれしいものです!」

 ラエリアンの名誉ガイドは人類の未来に希望をもたらします、とボワセリエは言います。

「彼はまた、人々に人生について楽観し、世界の中でポジティブなことを増やすこと、世界的な幸福のネットワークを増やすこと、他人を力づけ、他人の正当性を立証すること、ポジティブの源になることを人々に勧めています」とボワセリエは言います。

「7万人以上いるラエリアン・ムーブメントのメンバーは、人類を高めるために自らの人生を捧げています。
メンバーたちは、カーン名誉ガイドに素晴らしい未来を祈り、次の創造的業績を心待ちにしています」


インタビューまたは更に詳しい情報をご希望の場合は次の連絡先までお問い合わせください

非営利市民団体 日本ラエリアン・ムーブメント http://www.rael.org
広報担当 斉藤周二  www.press.rael.org
TEL : 0479-74-8006 FAX : 0479-74-8007
e-mail : jrm_press@yahoo.co.jp

国際ラエリアン・ムーブメントからのプレスリリース 2012年8月9日(木) 

国際ラエリアン・ムーブメントからのプレスリリース
2012年8月9日(木) 

ラエル 「世界中の平和を愛する人たちへ、核兵器の廃止のために力になって下さい。また、トルーマンの子孫は、人類に対する史上最悪の犯罪について謝罪して下さい」


8月5日東京
 国際ラエリアン・ムーブメントの精神的指導者ラエルは、ラエリアンの新年の祝日である8月6日に向けてのコメントを最近のインタビューで求められました
 
「私たちはまもなくラエリアンの新年を祝おうとしています。広島の大虐殺(1945年8月6日)から67年が経ちます。ハリー・トルーマンは人類に対する史上最悪の犯罪者です。彼は明らかに市民を対象として日本の2つの都市に爆弾を落とす命令を下しました。彼は戦争のルールを破ってそれを行い、彼の命令で老人・子どもを含む30万人の罪のない市民を一瞬で殺しました。アドルフ・ヒトラーでさえ、2つの爆弾でそれほどの大勢の市民を殺しはしませんでした!」 と ラエルは言います。
 
「広島と長崎に原爆を落とす命令をして戦争を早めに終わらせ命を救ったと主張することは、その犯罪をさらにひどいものにしています」とラエルはさらに言います。「それはまるで、軍人の命を救うためには、罪のない市民の命を犠牲にしても良いと言っているようなものです。もし逆に、日本軍が戦争を早く終わらせるために、ニューヨークとロサンゼルスに原爆を落としていたら、アメリカ人はそれは良いことだと思うでしょうか。世界中の平和を愛する人に、各国にある全ての核兵器を廃止させる力になって欲しいです。まずは、市民を標的に核兵器を使用した唯一の国アメリカから始めたいです。そのようなひどい行為について謝罪をしていないトルーマンの子孫は恥を知りなさい」 

「8月6日に世界中の主要都市でラエリアンの集会が予定されています」とラエリアン・ムーブメントの広報担当ブリジット・ボワセリエ博士は言います。
「その日私たちは、ラエリアンの新しいメンバーを公式に迎え、人類史上最も悲惨な日について思い出します。私たちはその日に何が起きたかを思い出し、そのような事が二度と起こらないようにする必要があります。今年の祝日は、弥勒菩薩ラエルが始めた『平和のための1分間運動』を広める時間でもあります。一度に一分間の平和の時間を持ちながら、平和な惑星をより速く実現させていくために」

プレスリリースへのご意見・ご質問及び日本ラエリアンムーブメントの瞑想セミナー情報、またインタビューについては、以下の広報担当までお問い合わせください。

---------------------------------------------

ラエリアン・ムーブメント rael.org 及び press.rael.org についてラエリアン・ムーブメントは世界最大の無神論を唱える非営利団体であり、地球上の生命が、聖書原典においてエロヒムとして知られる異星人の文明により、DNAの合成を経て、如何にして創造されたのかを述べています。
会員数は世界104カ国、70,000人にのぼり、この異星人がマイトレーヤ・ラエルにもたらしたメッセージを広めるべく活発に運動を展開しています。それは、彼ら異星人エロヒムを公式に迎えるための大使館の建設、及び平和と非暴力の価値観を広めるという目標を持っています。
ラエリアン・ムーブメントは、その非順応主義と政治的には正しくないその哲学を通じて、世界に波紋を投げかけています。

    インタビューまたは更に詳しい情報をご希望の場合は
       次の連絡先までお問い合わせください

非営利市民団体 日本ラエリアン・ムーブメント http://www.rael.org
広報担当 斉藤周二  www.press.rael.org
TEL : 0479-74-8006 FAX : 0479-74-8007
e-mail : jrm_press@yahoo.co.jp

Pagination

Utility

UFO・宇宙人関連書籍

「地球人は科学的に創造された」 2chikyuzin_cover_test.jpg
無限堂HP

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。